台風とハリケーンは何が違うの?

戸塚駅から徒歩6分の「ほのぼの英会話スクール」の講師Naokoです。

今年はコロナウィルスに始まり、まだ収まる気配はありませんね。

そして、梅雨も長引いています。

雨が降らないのも困りものですが、こうも長い梅雨も辛いですね。

洗濯物はなかなか乾かないし、気分もスッキリしません。

太陽が恋しいです。

っと言いつつ、夏になったらなったで「暑い!」と言ってそうですが(笑)

また、7月もあと数日で終わりなのに、未だに台風が発生していないそうです。

もしこのまま1つも台風が発生しなければ1951年以降の統計史上初のことになるそうです。

そして、アメリカではハワイにハリケーン「ダグラス」が接近しているというニュースが届きました。ハワイにハリケーンが接近するのはかなり珍しいことみたいです。

こういう気候の変化は、地球温暖化の影響なんでしょうかね?

そんなわけで、今日は台風やハリケーンにちなんだ英語をご紹介したいと思います。

まずは「台風」は英語で何と言うか知っていますか?

実は「typhoon(タイフーン)」と言います。

「あれ?typhoonと台風って音が似てない?」と思った方はいませんか?

諸説ありますが、そもそも「台風」は「typhoon」を音訳したものと言われています。

つまり元は英語だった言葉が、日本語になったわけです。

また、「台風」と「ハリケーン」の違いはご存知ですか?

実は、台風のような嵐は発生する場所によって名称が変わります。

typhoon(タイフーン) ⇒北西太平洋で発生

hurricane(ハリケーン) ⇒北大西洋や北東太平洋で発生

cyclone(サイクロン) ⇒南太平洋やインド洋で発生

willy-willy(ウィリィウィリィ) ⇒オーストラリア周辺で発生

つまり、日本付近で発生したものは「typhoon」と呼びますが、アメリカの近くで発生すると「hurricane」と呼びます。

ただし、現象としては同じものになります。

日本では、台風1号のように番号で呼びますが、アメリカなどでハリケーンが報道される時は、人の名前がつけられるのが一般的なんですよ。

因みに、2020年度は下記のような名前があるようです。

Arthur
Bertha
Cristobal
Dolly
Edouard
Fay
Gonzalo
Hanna
Isaias
Josephine
Kyle
Laura
Marco
Nana
Omar
Paulette
Rene
Sally
Teddy
Vicky
Wilfred

また、ひどい被害の出たハリケーンの名前は、その後使われることはありません。

See you next time!