NHKラジオ講座 ディクテーション 第二弾

戸塚駅から徒歩6分の「ほのぼの英会話スクール」の講師のNaokoです。

前回に、リスニングの勉強法として「NHKラジオ講座」をご紹介しました。

今日は実際にどのように、NHKの教材を使って学習したらいいのかお伝えしたいと思います。

本日紹介するのは「ディクテーション」です。

ご存じの方もいるかもしれませんが、英語の音声を聴いて「書き取る」学習法です。

やり方

  • 音声を3~5回聞いて書き取る(センテンスごとにポーズを入れる)
  • スクリプト(英語の原稿)を見て書き取れなかったところを確認する
  • なぜ聞き取れなかったのかを分析する
  • 何度も発音練習する

まずは、一度音声を聴いてみましょう。

次に紙とペンを用意して、1センテンスごとにポーズを入れて、聞こえた通りに書き取ります。

聞き取れない・分からない所は、空欄もしくはカタカタで聞こえた音を書いておきます。

これを数回行います。

次にスクリプトを見て、答え合わせをします。

ここで大事なのは、分からなかったところです。

なぜ聞こえなかったのか考えてみましょう。

単語を知らない、音がリンクして違う単語に聞こえた、弱く発音されていて聞こえなかったなどなど。

そこが皆さんのリスニングのウィークポイントになるからです。

最後に同じように真似て何度も発音練習して下さい。

これを繰り返し行うと、今まで何となく聞いていた英語が、意識をもって聴けるようになりますよ。

See you next time!

前の記事

「Spring」のトリビア