「hey fever」は花粉症ではない?

戸塚駅から徒歩6分の「ほのぼの英会話スクール」の講師のNaokoです。

梅の花が咲き、そろそろ春の予感がする季節になりましが、同時に花粉症の方には辛い季節になりましたね。

目がかゆかったり、鼻水が出たり、頭痛がしたり…

私の家族も花粉症持ちなので、見ていると辛そうです。

幸いにも、私は今のところ、花粉症ではありません。

っというわけで、今回は花粉症にちなんだ英語の表現をご紹介したいと思います。

おそらく、「花粉症」と聞くと、「hey fever」という単語を思いつく方も多いかと思います。

確かに、花粉症を辞書で調べてみると「hey fever」と出ています。

ただ、厳密に言うと「hey fever」は干し草に対してのアレルギーを言います。

(欧米では、この干し草アレルギーの方が多いからだと思います)

ですので、日本の花粉症を言いたいときは「pollen allergy」がお勧めです。

このpollenは「花粉」という意味になります。

また発音で気をつけて頂きたいのが「allergy」です。

日本語だとアレルギーと言いますが、英語だと「allergy(アラジー)」と発音します。

アレルギーと何度言っても通じないので注意してくださいね。

「私は花粉症です」と言いたいときは

I have a pollen allergy.

もしくは

I am allergic to pollen.

因みにスギ花粉は「Japanese cedar pollen」、ヒノキ花粉は「Japanese cypress pollen」

と言います。

また「be allergic to~」は便利な表現です。

花粉症の他にも食べ物などでアレルギーがある場合も使えます。

例えば

I am allergic to eggs.

(私は卵アレルギーです)

花粉症の方はお大事になさってください。

See you next time!